中国仕入れをもっと簡単に!
会員登録 | ログイン | 1元=22.68円
トップページ > 中国仕入れのイロハ > 中国、日本の 基礎知識 > Temuは本当に安いのか?temuで仕入れて転売することは可能か?

Temuは本当に安いのか?temuで仕入れて転売することは可能か?

「Shop Like a Billionaire(億万長者気分でお買い物)」をコンセプトに掲げるTemuは、2023年7月に日本市場に進出しました。

 

その驚異の低価格が話題を呼び、日本国内でも瞬く間に大きな注目を集めています。

 

Temuのアプリは上陸からわずか4ヶ月で400万ダウンロードを達成し、アプリダウンロード数で一位の座を獲得するなど、まさに破竹の勢いで成長を遂げています。

 

この記事では、そんなTemuを利用して商品を仕入れ、転売することの可否について検証していきます。

 

 

中国輸入

 

 

 

 

 

1.常識破りの低価格が可能になった背景 

1.Temuが販売価格を設定している   

Temuが常識を破るほどの低価格を実現できる背景の一つは、その独特な価格設定メカニズムにあります。

 

通常、オンラインショッピングプラットフォームでは、出品者や加盟店が商品価格を設定します。

Amazonや楽天などの多くの大手オンラインマーケットプレイスではこの方法が一般的です。

この方法は価格競争が促進される一方で、加盟店による価格の吊り上げや不当な価格設定が発生する可能性もあります。

 

 

しかし、Temuではこの一般的なモデルを転換し、プラットフォーム自体が販売価格を設定するアプローチを採用しています。

 

この方式では、Temuが市場調査や価格分析を行い、消費者にとって魅力的でありながらも公正な価格を設定します。

これによって、Temuは加盟店が価格を不当に吊り上げることを防ぎ、消費者に対して一貫して低価格を保証することができるのです。

 

この価格設定戦略の背後には、いろいろな狙いがあります。

まず、消費者に低価格で提供することで、市場での競争力を高め、消費者基盤を拡大しようというものです。

 

また、価格設定権限を中央集権化することで、商品の価格透明性を高め、消費者の信頼を得るということも目指しています。

さらに、この方法によって市場価格の安定性を保ち、価格の乱高下を抑制する効果も期待できます。

 

Temuのこのようなアプローチは、従来のオンラインマーケットプレイスの運営方法とは一線を画し、新たなビジネスモデルとなっています。

 

また、消費者にとっては、より低価格で商品を購入できる機会が増え、より良いショッピング体験になるでしょう。

 

2.中間業者を徹底的に省いている

Temuが提供する常識破りの低価格の背景には、「中間業者を徹底的に省く」という戦略が大きく関わっています。

 

伝統的な小売りやオンラインマーケットプレイスでは、製品が消費者に届くまでに多くの中間業者が関与します。

これには製造業者から卸売業者、小売業者まで、様々な段階の業者が挙げられます。

各段階で業者はマージンを上乗せするため、最終的な製品価格が高騰しているのです。

 

Temuのアプローチは、この伝統的なサプライチェーンを大胆に再構築しています。

具体的には、メーカーや製造業者と直接契約を結び、商品をプラットフォーム上で直接消費者に販売することで、一切の中間業者を排除しています。

 

この直接取引によって、それぞれの商品に関連する余分なコストやマージンを削減し、その結果として消費者には格安の価格で商品を提供することができるのです。

 

この戦略にはいくつかのメリットがあります。

 

まず、中間業者を排除することで、価格の透明性が高まります。

消費者は製品の実際のコストをより明確に理解しやすくなり、不必要な価格上昇に対する警戒心を持つことなく購入を検討できます。

 

また、メーカーから直接購入することで、品質管理の面でもメリットがあります。

Temuは、供給元との直接的な関係を利用して品質基準を設定し、維持することができます。

 

これにより、不良品や偽造品の流通リスクを軽減し、消費者に安心して購入してもらえる環境を作り出しています。

 

加えて、このモデルはメーカーにとっても魅力的です。

 

中間業者を介さずに製品を販売することで、彼らは自社製品の市場への露出を最大化し、直接消費者との関係を築くことができます。

これは、ブランド認知度の向上や顧客ロイヤルティの構築につながります。

 

Temuが中間業者を徹底的に省くことで実現しているこれらのメリットは、消費者にとっては低価格で高品質な商品を、メーカーにとっては直接的な市場アクセスを提供するという形で、双方に良い影響をもたらしています。

 

3.独自の監査システムによる価格管理    

Temuの監査システムは、プラットフォーム上で販売される各商品の価格を定期的に分析し、業界標準や同類商品との比較に基づいて適正価格を評価します。

 

このシステムは、AI技術や大量のデータ分析を駆使して、価格が適切かどうかを判断します。

 

もし特定の商品の価格が市場平均を大きく上回っている場合、Temuは加盟店に対して価格の再設定を求めることがあります。

消費者が過剰な価格で商品を購入することを防ぎ、市場における価格の公正性を保つためです。

 

この監査システムによる価格管理は、Temuが低価格だけではなく、価格の透明性と公正性を消費者に提示できる理由の一つです。

消費者は、Temuが提供する価格が市場において合理的であると考えることができます。

 

また、このシステムは、不当に高い価格設定を行う加盟店に対する一種の抑止力となり、全体としての価格競争を促進します。

 

4.加盟店同士の厳しい価格競争  

Temuの加盟店間の厳しい価格競争は、消費者にとって最も魅力的な価格を確保するとともに、市場全体の価格を引き下げる動きに影響を与えています。

 

Temuは、加盟店に対して商品の販売権を得るために入札させるシステムを採用しており、これが加盟店間の激しい価格競争を引き起こしています。

 

このシステムの下で、加盟店は自社の商品をできるだけ低い価格で販売しようと努力し、結果として消費者はより低価格で商品を購入できるようになります。

 

さらに、Temuでは販売権の保持にあたって定期的な価格の再評価がされており、これが加盟店に市場の動向に応じた価格調整を促します。

 

価格だけでなく、商品の品質にも注目が集まっており、加盟店は価格を下げることで品質が低下しないように効率的な生産方法やコスト削減の策を講じることが求められます。

 

5.加盟店側のコストをTemuが負担する仕組み  

Temuは加盟店から手数料や保証金を徴収しない、またはそれらを最小限に抑える政策を採用しています。

 

さらに、商品を倉庫に配送するための物流コストの一部も、Temuが負担することにより、加盟店の負担を軽減します。

これによって、加盟店は通常、他のオンラインマーケットプレイスや小売チャネルを通じて販売する場合に比べて、低コストで商品を販売することができます。

 

この仕組みは、加盟店にとって大きな利点があります。

 

まず、初期投資や固定費用の削減により、新規参入のハードルが低くなります。

 

また、運営コストの削減は、加盟店がより競争力のある価格で商品を市場に販売する余地を生み出します。

 

この結果、加盟店は価格競争において有利な立場を確保でき、消費者に対してより魅力的な価格で商品を販売することができるようになります。

 

 

 

2.1688との価格比較

1.レディースアウターの価格差     

 

比較例1:レディースアウター

Temuで販売中のアイテム:2097円

中国輸入

 

 

さくら代行のサイトで画像検索した場合:38元(約826円)

中国輸入

 

価格差:2097-826=1271円

 

2.手動高さ調整可能デスクの価格差   

 

比較例2:手動高さ調整可能デスク

Temuで販売中のアイテム:11153円

中国輸入

 

 

さくら代行のサイトで画像検索した場合:319元(約6932円)

中国輸入

 

価格差:11153-6932=4221円

 

3.スーツケースの価格差     

比較例3:スーツケース

Temuで販売中のアイテム:5909円

中国輸入

 

 

さくら代行のサイトで画像検索した場合:58元(約1260円)

中国輸入

 

価格差:5909-1260=4649円

 

 

 

3.Temuで仕入れるデメリットとメリット  

 

中国輸入

 

1.デメリット    

オプション加工ができない: Temuでの取引では、商品に対するカスタマイズやオプション加工がほとんど、または全くありません。

 

これは、効率化とコスト削減のための措置ですが、特定のニーズに合わせた商品のカスタマイズを求めるバイヤーやリセラーにとっては不便でしょう。

 

リクエストができない: 顧客が特定の商品に関してリクエストを出すことが難しいのも、Temuのビジネスモデルの特徴です。

大量の在庫と効率的な物流に焦点を当てることでコストを抑えているため、個々の顧客の特別な要望に対応することは難しいです。

 

その他の制限: さらに、Temuを利用する際には、商品の選択肢が市場に出ているものに限られる、返品や交換が制限される可能性があるなど、他のオンラインショッピングプラットフォームと比較して一定の制限がある点もデメリットとして挙げられます。

 

2.メリット    

送料が含まれている: Temuでの多くの取引では、商品価格に送料が含まれているため、追加の配送費用を心配しなくていいです。

特に国際輸送を考慮すると大きなメリットといえます。

 

関税が発生しない: 個人輸入としての取引が多いため、多くの場合、輸入時に関税が発生しないことがあります。

そうなれば、コストをさらに抑えることができます。

 

国際輸送が早い: Temuは効率的な物流と配送ネットワークがあり、国際輸送が迅速に行われます。

海外からの仕入れを行う際に大きなアドバンテージとなるでしょう。

 

 

 

4.さくら代行経由で仕入れるデメリットとメリット  

1.デメリット 

オプション作業による時間の遅延: 検品や包装、ラベリングなどの追加オプション作業を行うには時間が必要です。

 

オプションがない場合と比べると、商品が最終的に顧客に届くまでには時間がかかります。

 

2.メリット

オプション指定が可能: さくら代行の最大のメリットの一つは、商品の検品やオプション加工など、顧客のニーズに応じたカスタマイズができる点です。

 

経験豊富なスタッフがプロの視点から商品の品質を確認したり、特定のマーケットニーズに合わせた商品の仕様変更を行うことができます。

 

様々なリクエストが可能: 商品のパッケージングやブランディング、特定の出荷要件など、さまざまなリクエストをさくら代行に依頼できます。

 

そうすれば、購入者により付加価値の高い商品を販売することができるようになるのです。

 

FBA(Fulfillment by Amazon)直送が可能: さくら代行を利用すれば、AmazonのFBAサービスへの直接配送サービスが利用できます。

 

これは、オンラインでビジネスを運営するセラーにとって大きなメリットであり、物流の効率化やコスト削減に繋がります。

 

 

 

5.まとめ 

いかがでしたか?

 

Temuでの仕入れは、特に少量の現品を個人使用目的で輸入する際に大きな利点を提供します。

 

一方で、さくら代行を利用した仕入れは、仕入れ販売目的の大量輸入において、より安心感とカスタマイズのニーズを満たす選択肢となり得るでしょう。

 

両サービスともに独自のメリットとデメリットを持ち合わせており、それぞれが提供するサービスや価値を理解し、自身のビジネスモデルに最適な選択をすることが大切です。

 

 

 

本記事の内容はさくら代行が独自に調べて作成したものです。

必ずしも正しいとは限りません。

ご参考になれば幸いです。

 

さくら代行は日本と中国に拠点を持ち、事業者様の代わりに中国国内の全ての業務と日本への納品(FBA直送含む)を行うことを使命としております。

 

中国輸入販売をお考えの方は是非さくら代行サービスをご利用くださいませ。

会員
申込
売れ筋順
バナーを隠す